一本の木から生まれる器・無垢の温もり




樹齢百年、無垢の温もり

北上山地に育つ樹齢百年以上の木を素材から生み出される、自然の温もり、心地よい木の重みを感じさせる木の器。大野木工はその無垢材から、ひとつひとつ削り出し生まれました。  目で愉しみ、手の中で愛でる、それを感じる逸品です。

 

本州一の森林大国「岩手の大木」から

本州一の森林国「岩手県」。その広大な地の中央を南北に穏やかな山並みが連なる北上山地。岩手の豊かな森林資源は、この北上山地の広さと深さに大きく支えられています岩手の四季・きびしい風雪の季節を耐え育つ木

 

永く生き続ける天然木

  木の強さ、木の堅強さは今でも目にすることができます。古来からの木造建築に活かされています。

現存する古民家の柱や梁は、その当時のまま。現代にわたり、木そのもの(無垢材)の堅強さを思い知らされます。現存する歴史的な寺社仏閣もみな無垢材による建築。日本最古の木造建築物「法隆寺五重塔」など約1400年以上も立ち続けています。無垢材は、呼吸をし続け生き続けているのです。解体された古民家の廃材も表面を削るだけで立派な柱に蘇ります。